ひめキュンフルーツ缶 大阪定期公演 心斎橋JANUS 6/1(水) ライブレビュー

2016年6月9日

ひめキュンフルーツ缶「ベッピン!浪花アイドロール壱の十一」 / ひめキュンフルーツ缶 / 心斎橋JANUS 6/1(水) 19:30開演
ダウンロード
出典www.cdjournal.com


ひめキュンフルーツ缶の大阪定期公演は、毎回欠かさずに参加しています。
今回は、ライブの前にひめぎんホールでのライブを収録したDVDのリリースイベントがありましたが、私は仕事の関係で、リリースイベントには参加できず、本編からの参加となりました。

2月に発売された「天国ギミック」の楽曲はとてもカッコよく、「GIMMICK TOUR 2016」では間違いなくこれまでのセットリストに対して良い刺激を与えていたので、今回もどんなセットリストになっているか楽しみにしていましたが、新旧織り交ぜた面白いセットリストで、本当に楽しかったです。
特に、MCからMCまでのひと固まりごとの楽曲のバランスが本当に良いなと感じました。激しい曲だけで固めるところは固めて、落ち着いた曲のところは落ち着いた曲で固めつつも、客が完全に冷え切ってしまわないような、絶妙なバランスだったと思います。

また、アンコールでは、鉄板曲の「バズワード」や「例えばのモンスター」が選択されるというのが定番でしたが、今回は新譜からの「ミラクル彼氏」で締めという形でした。
これから、「ミラクル彼氏」がどのようになっていくのかも楽しみですね。

「GIMMICK TOUR 2016」が終了してしまうと、なかなか聴けなくなる曲も出てくるかなーと思っていましたが、追加公演も発表されたので、またそちらにも参加して、「天国ギミック」の楽曲を堪能したいと思います。