プロのボーカルとカラオケマンの違い

2016年5月6日

o0480036013303808800
出典ameblo.jp
カラオケの採点は、気になりますよね。でも、上手いと思う人の採点が、低かったりする場合もあると思います。それってどうしてでしょうか?答えは、簡単です。機械が判定を行っているからです。実際、その曲を歌っている歌手より、カラオケで高採点を取る人が、やっぱり採点が上だったということもあります。

では、カラオケの採点の仕組みは、ずばりどのようになっているのでしょうか。これは、学校の音楽の授業でも習ったように、リズムと音程、つまり、音符に合っているかどうかで判断されます。簡単に言うと、楽譜通りに歌えているかどうかなのです。だから、カラオケ高得点の人の歌は、上手いけどなんか味気なく感じてしまうものなのです。けど、それをやろうと思ってできるのも凄いですけどね。ちゃんと音符どおりってなかなかプロの歌手でも出来ません。勿論、完璧にという話ですよ。

プロの歌手の凄さは、色々あります。声質が素晴らしいというのは、努力ではどうにもならないものであり、天性の才能です。声が綺麗とかパワーがあるとか独特の声とか色々あります。何もこれは歌に限った話ではなく、会話でも同様です。ハスキーな声の男性がもてるのは有名であり、あまりにも高音の声の持ち主は、会話で嫌がられたりします。次に、オクターブの凄さです。人により出せる周波数が違います。これは、ある意味、スピーカーの性能と同じであり、高い周波数から低い周波数まで出せる人は、曲のアクセントや強弱をつけやすく、人が素晴らしいと感じやすいです。これも才能による部分が大きいですが、練習でいくらか伸ばすことが可能だと言われています。有名な歌手としては、マラリア・キャリーがいます。

一般人の話をしましょう。カラオケで高採点を取る時に選曲する曲は、得意というより音の高低が少なく、単調なリズムの曲を選ぶ人が多いです。カラオケに行って、採点対決の時、今までと違う曲を選ぶというケース多いですよね。一方、歌う曲は、流行りの人気曲や好きな歌手の曲である場合が多いです。流行りの人気曲の場合、ちゃんと歌えていないけど、歌っている本人も周りも満足というケースが多いです。

カラオケには、キーというものが存在します。難しい曲の場合、だいたいキーを下げます。また、女性が、男性歌手の曲を歌う時は、キーをあげます。しかし、それは、音符を一律に上げたり、下げたりする行為であり、音程の幅を広げたり狭めたりするものではありません。プロの歌手のライブでは、リズムが速くなり、音程の幅が広がる傾向にあります。人間は、機械と違って感情があり、情熱が魂となり歌に吹きこまれます。一方、機械には、感情がありません。したがって、上手いと判定された曲を他人が聴いても感動することはありません。人から上手とか感動したと思われる人こそが、プロの歌手であり、機械で高採点をもらえないケースも多々あります。