ベイビーレイズJAPAN、彼女らはアイドル界の宝だ

2016年7月13日

「閃光Believer」リリース記念 追加ワンマン公演 ベイビーレイズJAPAN LIVE TOUR 2016 -ROAD TO EMOTIONAL IDOROCK FES.-
ベイビーレイズJAPAN
2016.6.4(土)新宿ブレイズ

news_header_babyraids_art20150721
出典natalie.mu

あまちゃんがブームになったときに、主題歌を歌ったことでちょっとした話題となったベイビーレイズ(当時)のライブに行ってきました。話題となったときから歌唱力は優れていたものの、いまひとつ殻を破れず苦しんでいる印象でした。

しかし、この日のライブを見る限り、殻は完全に破っているように思います。もちろん、世間にベイビーレイズが持つ「暑苦しさ」が届いているかというとそうではありません。

しかし、無闇に誰でもいいから歌を聞いてほしいではなく、興味をもってもらえた人たちに全力でパフォーマンスを見せるという部分に特化しているような印象を受けました。

ライブに行けばそれは顕著で、最初っから最後までベイビーレイズワールド全快。どこか一つだけ切り取ってみても満足するできだと思います。

さらに、センターの林愛夏さんのスケールは突出しています。通常、アイドルと言うとセンターを固定したがらないのですが、ベイビーレイズでは完全に林愛夏さんのグループであることにみんなが賭けている。

本人にとっては、プレッシャーのかかるポジションでしょうが、プレッシャーに負けずしっかりと務めている。彼女の存在はアイドル界の宝だと思います