女性目線で見た女性アイドル「Perfume」のライブ

2016年7月9日

ツアー名は「Perfume 4th Tour in DOME LEVEL3」で、アーティスト名は「Perfume」、開催日時は2013年12月8日で、ライブ会場は「京セラドーム大阪」です。

91I2eCDqhoL._AA1500_
出典allmusiczone.com


ちょっと古い体験で申し訳ないのですが、女性であり、しかも年齢が40代後半である私が参加したことによって、なかなか新鮮な驚きを得られたので、お伝えしたいと思います。

これまで、主にジャニーズの男性タレントのライブにしか参加したことがなかった私にとって、女性アイドルのライブは、はじめての体験でした。お客さんは男性がほとんどだと予想していたのですが、案外女性も多く、Perfumeが単なるアイドルではないなということを感じさせます。

確かに彼女たちのダンスとプロ意識はすごいものがありますよね。しかもライブは、基本的にはメンバー3人以外は出演しないという方針みたいで、3人ともステージに立っていることがほとんどです。

イメージとしても「アンドロイドのような人工的なイメージ」が売りであるために、汗をかいている感じや疲れている感じはだせないだろうし、正直大変だろうなというまるで母親のような思いでみていました。

あくまで私個人の感想ですが、男性タレントのライブは女性が多く「受け身」な感じが多いのに対して、女性タレントのライブは男性が多く「自分たちが彼女たちを盛り上げてあげよう」という思いが強いように感じます。

その思いをうまく盛り上げるのが成功の秘訣かなというようにも感じました。特に「あ~ちゃん」は天性の物とも思えるうまさがありますね。席がスタンドの側面だったので、本人たちはあまりみえなかったし、Perfumeの特徴である最新式の演出も、ちょっとわかりにくかったのですが、とにかく彼女たちが「とても頑張っている」ということだけは伝わってきました。

ただ、今後彼女たちも年齢を重ねていくわけで、そういう意味では、もっと女性ファンを取り込める演出方法にも力を入れるべきなのではとも感じました。