さよなら犬神サーカス団 こんにちわ犬神サアカス團

2016年4月18日

inugami_member_photo
・アーティスト名 犬神サーカス団
・ツアー名 さいなら犬神サーカス団
・公演場所 広島ナミキジャンクション
・日時 2012年5月6日
ダウンロード (48)

知る人ぞ知る日本のアングラロック界の重鎮『犬神サーカス団』の解散ライブに行ってきました。

先の『死ぬまでROCKツアー・ファイナル』で発表された解散に、デビュー当時からファンだった私は少なからずショックを受けました。
468

しかし、新しく始まる『犬神サアカス團』の前に犬神サーカス団の見収めをしなければと何とか時間を見つけて会場に向かいました。
images (11)

会場は犬神ではお馴染みの広島ナミキジャンクション(今はSECOND CRUTCH)。
この会場に集まる犬っ子はなぜか大人しい場合が多く、いつも最前列でヘドバンしている自分はちょっと違和感を感じてしまいます。

興奮していた事と、その場の雰囲気を楽しむタイプの人間なので、詳しいセトリを覚えていません。
ただ解散ツアーだったので、今回は犬神サーカス団として活動した様々な時代をコンセプトとしたテーマが会場ごとに組まれてました。

広島は『サマー・オブ・ラブ』でした。

『サマー・オブ・ラブ』は毎月一枚のシングルを5ヶ月連続リリースすると言う試みだったので、セトリには5枚のシングルの収録曲が多かったと思います。

印象に残っているのが『気ままな旅』です。

この曲はボーカルが凶子さんから、ジン兄と情次兄に変わります。おそらくライブで聴くのは初めてだったので貴重な体験でした。

犬神のライブはこの後も何度も行っているのですが、解散ライブと銘打たれたこの公演は、どうしても思い出深いライブになっています。

犬神サーカス団 洗脳

ペンネーム ベースの弾けないベーシスト