高校時代の全てだった「ブランキージェットシティ」

2016年5月17日

私が「ブランキージェットシティ」を知ったのは高校1年の時でした。きっかけは仲の良かった友達からCDを借りたこと。借りたアルバムは彼らのセカンドアルバム「BANG!!」でした。

220056350
出典www.suruga-ya.jp


自分を変えたバンド「ブランキージェットシティ」

mzi.qpvhwovt.1200x1200-75

私はそれまであまり熱心にロックを聞いていなかったので、友達から「このバンドは凄い」と言われても、あまりピンときていなかったのですが、家に帰って聞いた瞬間「やられた」というくらい衝撃の強いアルバムでした。この「BANG!!」は最初から最後までどの曲も強烈で、だいたいどのアルバムを聞いても、その中で自分の気に入るのは2、3曲くらいなのですが、これは全て強烈。一気にのめり込んでしまい、この「BANG!!」と併せてファーストアルバム「RED GUITAR AND THE TRUTH」とサードアルバム「C.B.JIM」を急いで購入したのを覚えています。


メロディーと詩が心に押し寄せてくるバンド

私が「ブランキージェットシティ」に一目惚れしたのはバンドサウンドと歌詞。そして彼らの独特なキャラクター。最初に耳にした「Rain Dog」という曲は出だしからドキドキしてしまうようなギターが始まり、そこから重厚かつスピーディーなメロディへと展開していきます。そしてそのメロディーに乗って、浅井健一氏のクセのある声で歌う歌詞が心に深く入り込んできます。彼の歌詞は他のバンドには無い独特な世界観を持っています。歌詞という枠を超え、一つの物語や絵をそのまま一つの曲にしてしまったようで、時に凶暴、時に繊細な歌詞がメロディーに乗せられています。おそらくのこの「繊細な面」があるからこそ、僕はこの「ブランキージェットシティ」は一般的に広くではないにしても、多くの人が彼らにのめり込んだのではないかと思います。そしても僕もその1人です。

<iframe width=”420″ height=”315″ src=”https://www.youtube.com/embed/A_4_XwQ_ZDg” frameborder=”0″ allowfullscreen></iframe>


圧倒的なライブパフォーマンス

待ちに待った「ブランキージェットシティ」ライブに始めた行った日のことは、今でもよく覚えています。前の日はあまりに興奮して眠れませんでした。ライブ当日、その当時はまだまだそこまで多くの人に知られていなかった彼らだと思うのですが、それでもライブハウスは満員。そして彼らがステージに登場。自分自身と会場のボルテージが一気にあがり、そこから間髪入れずにテンポ良く曲を演奏していきました。僕が好きだった曲が今、目の前で彼らによって演奏されることが夢のようでした。CDであれだけ素晴らしいので、ライブはもっと凄いだろうと思っていたのですが、まさにその通りでした。どの曲も気持ちのこもった素晴らし演奏でした。ライブ中、知らない間に自分も歌っていたようで、ライブが終わった後、声が全然でなかったのを覚えています。おまけに次の日、ライブが影響したのかは分からないのですが風邪をひいて寝込んでしまいました。

惜しくも彼らはすでに解散してしまいましたけど、それでも自分の高校時代の全てを表すといっても良いくらいの、伝説のバンドでした。

hqdefault (28)
出典okmusic.jp