バンプオブチキンの今までの活動の歴史を語ります

2016年5月23日

バンパウオブチキンはデビューしてから今でもロックバンドとしてトップを走っているバンドです。
ダウンロード
出典omp-s.com

今はアイドル全盛期の時代でありながらもバンプオブチキンはバンドとしてチャートに入ってきます。
バンプオブチキンの今までの活動と人気の秘密を語ります。


バンプオブチキンの結成とメンバー紹介

バンプオブチキンはギターボーカル兼作詞作曲の藤原基夫を中心とした4人組のロックバンドです。
藤原のほかのメンバーはベースの直井とギターの増川とドラムの升で、幼稚園からの幼馴染でもあります。
学生のときの文化祭でビートルズなどのコピーを披露して盛り上がったみたいです。
もう一人メンバーが本当はいたみたいですが、まだ売れる前のバンド練習のときに彼女を連れてきたので、
首となりそれからは今の4人のまま活動をしています。


藤原基夫の作詞作曲の才能

バンプオブチキンの人気はいろいろあるかと思いますが、やはり作詞作曲担当の藤原基夫の作る歌の良さだと思います。
ロックバンドでありながらも誰にでも心の奥に抱えているものに共感できる歌詞。
飽きさせないさまざまな楽曲。
耳心地のとても良いメロディー。
バンプの曲は本当にどんな人でも共感できて、またその共感できる底の深さがすごいと思います。
歌詞だけでも人間賛歌を感じられて、励まされます。
藤原の作る歌は音楽史に歴史を作りました。


メンバー4人の仲のよさ

バンプオブチキンのメンバーの仲のよさはラジオや雑誌などを見ているととても感じられます。
ラジオでも独特な4人ののりがあり、面白くもありよいことも言っていて、曲作りもこんなのりで
楽しく作っているのかと想像させられます。
また4人は幼馴染でもありますので、今までのいろんな過去がとても4人の団結を支えているのだと思います。
ラジオではベースの直井が司会者のような感じでメンバーに話を振り、ボーカルの藤原が話しのおちみたいな感じです。

ベース直井
maxresdefault (38)
出典www.youtube.com


バンプオブチキンの今までの音楽性

バンプオブチキンは今までいろんな音楽性を歩んできました。
はじめのほうは、ギターロックでさらにボーカルの藤原のシャウトがとてもサウンドにあっていました。
ギターロックの天体観測がヒットして彼らは全国区のバンドになりましたが、それからはさまざまな楽曲をやってきました。
最近では初音ミクとコラボもしたrayという曲があったり、またEDMのような新曲もあります。

ダウンロード
出典www.youtube.com

いろいろな楽曲に変わっても歌っている内容はとても優しい歌で根本的な哲学は変わっていません。
バンプはこれからもたくさん良い曲を作ってくれるでしょう。