初めてのデートで歌って欲しい曲!スピッツ!?

2016年7月6日

私がはじめてのデートで恋人に歌ってほしいのは、スピッツとRADWIMPSです。

stnRRFVJdvPW8Dz_ozDxz_120
出典girlschannel.net

まず理由は、一つ。どちらも私の大好きなアーティストだから。好きな人との共通点が見つかると、嬉しいですよね。

次に、まずスピッツから。スピッツなら、「空も飛べるはず」や「ロビンソン」などの最盛期の曲ももちろんときめきますが、あえての「ジュテーム?
」や「正夢」、「猫になりたい」や「桃」なんかを歌われると、ときめく曲だし、「この人分かってる!」となってとてもうれしい気持ちになります。

特に「猫になりたい」はファンクラブ投票一位の曲なので、そこまで詳しいと、「運命だ!」となります。

<iframe width=”420″ height=”315″ src=”https://www.youtube.com/embed/Ih-w4AmOXpU” frameborder=”0″ allowfullscreen></iframe>

次にRADWIMPSですが、もちろん「ふたりごと」や「有心論」などのベタベタな彼女=神な恋愛ソングもいいのですが、ここは捻りを加えて「閉じた光」や「DADA」なんかを歌われると、「この人分かってる!」「この人本物のファンだ!」と思って嬉しくなります。あえてそういう曲をデートにもってくる捻くれぶりも、気が合いそうで好感度です。

ちなみに、初デートでアニソンを歌うことの良し悪しですが、私は良いことだと思います。オタクは業の世界です。「オタクやめて」と言われてやめられるものではありません。だからこそ、初デートでアニソンを歌ってみて、相手が受け入れてくれたならホッと一息、「気持ち悪い」「そういうイメージなかった」と言われたら、乞われたら脱オタを目指してもよいと思いますが、続かないと思うのが一番だと思います。オタクであることを相手が受け入れてくれるかどうかは、オタクの恋愛にとって重要な指標だと私は思います。

「まだオタバレしたくないけどアニソンしか歌えない」というオタクの方は、Aqua Timezやポルノグラフィティ、UVERworldなどの曲を歌えばいいと思います。

格好良いからアニソンであることは目立ちませんし、アニソンをたくさん歌っているので、ネタに困ったら「好きでさから」と言いながらそのアーティストが歌っているアニソンをとにかく芋づる伝いに伝っていけばなんとかなります。アニソン目当てにアルバム買ったからアルバム全部歌える、とかいう場合は、アルバム曲のなかでも好きな曲を歌ってみると、オタクだとバレる確率は更に下がると思います。

なにぶん、初デートは互いの出方を見ている面があると思うので、本当のところは、互いに引かれない程度に好きな曲を歌えばいいのでは、と思います。