GLAYのメンバー紹介を時事ネタと絡めて。

2016年5月10日

original (13)
okmusic.jp

GLAY はTERU、TAKURO、HISASHI、JIROの4メンバーから構成されるロックバンドです。1997年、GLAYの初ミリオンセラー「HOWEVER」がリリースされ、ベストアルバム「REVIEW-BEST OF GLAY」が歴代CDセールス1位に輝いたという歴史を持つバンドグループです

bs14542
www.suruga-ya.jp

そのメンバーはボーカルのTERU、ギター・キーボードのTAKURO、ギター担当のHISASHI、そしてベースのJIROで、いずれも現在は40歳を超えているビッグバンドグループです。


TERU

ダウンロード
xn--zcka6a2a7f4bxjd6345ptvd.jp

本名、小橋照彦、北海道出身の甘いマスクと歌声は多くのファンからの支持があり、ちょっとクールな印象のある身長169cmの男性ボーカルです。ボーカルを担当していますが、ギターや、ピアノの演奏も上手で、ライブやコンサートなどで曲を演奏することもあります。さらにドラムの演奏も上手で、妻はPUFFYの大貫亜美さんです。函館商業高校を卒業し、上京後、TAKUROと同じ赤羽の印刷会社に勤めながらバンド活動を続け、その後はバンド活動を重視しながら活動を続けてきました。
TERUはハスキーな声が多くのファンから支持されている男性ボーカルで、音域も広くて高い歌唱力もあります。
GLAYは今年5月の5日に、札幌ドームで行われた日本ハムとソフトバンク戦の試合前に始球式とライブパフォーマンスを行いました。始球式を務めたボーカルのTERUの等級の腕前はなかなか好評で、力強い投球を投げて観客を喜ばせました。前日のリハーサルでは20球程投げたけれどもストライクがなかなか取れず苦労したということでしたが、当日は低めながらしっかりした投球で満足げでした。また、その後のライブパフォーマンスでは、北海道新幹線開業のイメージソング「Supernova Express 2016」が披露され、GLAYの代表的なヒットソングのHOWEVERも熱唱されました。

20160505-00000083-nksports-000-12-view
headlines.yahoo.co.jp


TAKURO
1282125
omp-s.com

本名を久保 琢郎といいバンドのリーダーを務めています。身長は182cmありTERUと同じ小学校出身です、ギターソロもできて、ピアノ演奏も上手です。GLAYのほとんどの曲はこの人が担当しており、作詞作曲を行いながら、時にボーカル、時にバックコーラスなどもこなし、マルチな才能をもつ人です。今年の始球式では、子どもの頃からの夢であった北海道新幹線の開通について恩返しの気持ちで作ったというコメントを発しており、北海道函館市出身のTAKUROは「Supernova Express 2016」を作詞作曲した時の気持ちをコメントしました。
今年4月29日に東京の品川グランドプリンスホテル新高輪で行われたDAIGOと北川景子結婚披露宴ではGLAYはHOWEVERを熱唱しました。DAIGOは高校時代にGLAYの曲をバンドでコピーするほどの大ファンで、DAIGOから依頼されて快く引き受け、晴れの舞台で熱唱するというパフォーマンスを行いました。DAIGOは生きていて良かったという大喜びのコメントを発表しました。
hqdefault (20)
www.youtube.com


HISASHI
hqdefault (21)
www.youtube.com

ギターを担当する青森県弘前市出身で、北海道函館市で育ちました。本名は外村尚といい、HISASHIは1988年にGLAYに加入しました。GLAYの多くのギターリフはHISASHIによるもので、ソロも披露し、ライブではコーラスも担当することもあります。HISASHIはアニメ好きだということもファンの間では知られています。T.M.Revolutionの西川貴教さんとアニメに関するコメントをつぶやいて話題になりました。身長は168cmで、この人も多くの作曲とプログラミングが得意です。


JIRO
ダウンロード
laughy.jp

GLAYのベース担当.身長170cmで、この人も北海道函館市出身です。本名は和山 義仁といい、HISASHIよりも数年遅れて1992年にGLAYに加入しました。作曲も行い、TAKUROといっしょにライブではコーラスを担当することもあります。


また、GLAYにはサポートメンバーとしてドラムスのToshi Nagaiがいます。
photo-interview-03
mnavi.roland.jp

永井利光は1995年のSPEED POPツアーから現在に至るまでのほとんど全てのレコーディング・ライブでドラムスを担当してきました。


そして、キーボードのSEIICHRO NAGAI、
glay-nagai-seiichiro02
ticketcamp.net

本名永井誠一郎は2016年に至るまでキーボードやコーラスを担当してきました。またこの人はサックスやアコーディオンを演奏でき、作曲を任されることもあるマルチな人です。ピアノを担当することもあり、編曲やプログラミングも行えます。


このように、GLAY はTERU、TAKURO、HISASHI、JIROの4メンバーから構成され、ボーカルのTERU、ギター・キーボードのTAKURO、ギター担当のHISASHI、そしてベースのJIROで、いずれも現在は40歳を超えているビッグバンドグループです。また、GLAYのサポートメンバーにドラムスのToshi NagaiとキーボードのSEIICHRO NAGAIがいます。

これからも伝説を作り上げ続けてほしいものです。