一緒に音楽の旅へ 星野源YELLOW VOYAGE

2016年5月22日

ツアー「YELLOW VOYAGE」に行ってきた。会場は思ったより小さく、割とスムースに入場することができた。ライブ中にMCで本人も聞いていたけれど、初めて星野源のライブに参戦する人がほとんどのようだった。

ダウンロード
出典http://ameblo.jp

ライブの構成は音楽の旅をするという設定から始まりアルバムの曲を次々と歌っていく。
このアルバムは日本らしさや四季などを意識して作ったといっていたとおり、曲中にまわるライトは桜だったり雪を思わすものばかりだった。
ナレーションもある芸能人の方だったり、休憩中に流れるメッセージも豪華な方々ばかり。

そしてかなり笑わせてくれる内容で、星野源の人脈の広さが垣間見える。
アルバムに収録されている曲は「夜」以外全てやってくれて、「湯気」や「ステップ」といった初期の曲もいくつか演奏してくれた。ライブの途中では専用セグウェイに乗り、会場の真ん中の、人一人立てるくらいの舞台に上がり、360度少しずつ回りながらギター一本で「くせのうた」「口づけ」「ズータラ節」「くだらないの中に」を歌ってくれて、これはかなり感動した。
いつも思うが彼のギターと歌は心にじんわり染みてくるような感覚で、何度聞いても感動する。個人的にはマイク一本で踊りながら歌う星野源もすきだが、やっぱりギター一本で歌う星野源がすきだ。観客の中にもちらほらと中年の男性などもいて彼の演奏力に惚れ込んでやってきてる方もいるんだろうなと感じた。

ちなみに、インストの「Nerd Strut」もダンサーを交えながら踊ったり、マンドリンを演奏したりしていてきっちりと観客にみせる演奏をしていてさすがだと思った。
この日はスペースシャワーTVの中継も入っていて「SUN」が2回聞けたのは本当にラッキーだった。
でもテレビとなると急に歌音程が外れたりへたっぴになってしまうのはなんでなんだろう…。
力んでしまうのかな…。そこが少し残念。

アンコールはニセ明で登場。かなり盛り上がりをみせ「君は薔薇より美しい」をうたいあげた。
この曲は闘病中何度も歌っていた曲だそうで彼の活力になった曲である。

この音楽の旅は総体的にかなり笑えて、重量感たっぷりに曲も聞かせてくれる。さらに感動して泣けてしまう。ライブに来た観客をめちゃくちゃに甘やかしてくれる最高の旅だった。
星野源のライブ、一度来ると彼の大ファンになってしまうこと間違いなしだ。

名前: アサリ