シューク・フラッシュ!で 蘇る 米米ひとすじだった青春時代

2016年7月4日

2016年6月25日土曜、茨城県日立市へ。あるライブに行くために向かった。会場は、ひたち南ドライブイン『海鮮処しおかぜ』。

160703_news
出典ginza-zero.jp


食事処?あ~なるほど、食事つきライブなのだ!ライブのみならず、プラスアルファのお楽しみが付いているのですね。
日立市と言えば、あのHITACHIで有名な街ですから企業城下町のイメージが強いけど、実は茨城県の太平洋に面した街々は、美味しい魚を頂ける穴場があることを私はよく知っているのです。

さて、このシューク・フラッシュ!【夏へのツアー2016「DISCO よさ恋 ロマンチカ」よさこいー龍ードラゴン発売記念】ツアーは高松を皮切りに名古屋、大阪、福岡、神戸のほか銀座でも開催されるけど、日程が合うのは今回、ひたち南ドライブインのみ、チケットが取れて良かったぁ~!!

そしてシューク・フラッシュとは、あの米米クラブのメンバー フラッシュ金子と、シュークリームシュ ダンサーの美奈子&マリ、この3人組ユニット。

米米クラブひとすじに青春時代を過ごした私としては、このライブ、高まる胸の鼓動!なのでございます。しかし、ライブ会場には、当時を体験していないであろう若い世代の姿もチラホラ…、聞けば、楽曲「君がいるだけで」が流行った時は小学生でした、との彼女。

そう!シューク・フラッシュは、米米クラブと時代を過ごしてきたアラフィフ&アラフォー世代のみならず、そんな様子を見ていた若い世代も楽しめるライブなのでした。

なぜって?そんなことは、ライブに行けば分かるのさ~。あんなに、笑って踊って楽しいライブ、久しぶり~!そりゃあハマるはずですよ。分かる人には分かるよね!!