松山千春 北海道出身が故の魅力とは!?

2016年6月27日

北海道出身のアーティストといえば、色々な顔が浮かんできます。
その中でも有名なのが「松山千春」でしょう。

彼の故郷「足寄町」にいけば、彼の曲を聞かずにはいられません。
彼は、年齢を重ねるたびに魅力的になってきたと感じます。

matuyamachiharu
出典www.news-postseven.com


壮大な自然を感じさせる歌

彼の曲には、北海道の自然を感じさせるものが多くなっています。

例えば「大空と大地の中で」や「大いなる愛よ夢よ」などは、北海道でドライブ中に聞くと景色とマッチしてホッと和みます。
彼も、地元北海道を愛した一人なのだということが感じ取れます。

51iAVx05-eL

そして、北海道の自然を連想させる「大空」や「大地」など自然をキーワードとした語句が多く使われていることによって、悩みや不安、悲しみが自然に比べたらちっぽけなものであると感じさせてくれます。


彼の歌唱力とその美しさ

彼は「毒舌キャラ」でもよく知られていますね。
テレビ番組などでは、司会者を困らせるほどの手ごわさです。

彼はものの言い方がストレートなのです。
しかし、作詞・作曲を手がけえる彼は「歌」で世の中に色々なメッセージを残しました。

真実の愛や、自然の雄大さなど彼の思いが歌になっているのだと感じます。
毒舌キャラには似合わない美しい歌声を持ち、歌唱力があるため、幅広い年齢層の人たちが彼の曲を聞いています。

そして説得力があるため、毒舌トークも笑ってやり過ごすことができるのかもしれません。


その世界に浸れる曲の数々

彼の曲は、その世界にドップリ浸ることができる「魔法」のようです。
例えば、彼が初期に作った曲には「失恋」など、どこか心寂しい曲が多くなっているように思います。

フォークソングが人気だった頃は、比較的このような曲が多かったかもしれません。
彼の曲を聞く人は、その世界に浸ることで、恋の傷を癒し、涙を流したことでしょう。

また、「失敗」から立ち上がるための「応援歌」のように捉えることが出来る曲もあります。
大自然の世界に浸り、心を洗うこともできます。


今だからこそ、環境音楽を・・

天災・環境破壊・地球温暖化など自然環境が問題視される今だからこそ、少しでも多くの人に彼の曲を聞いて壮大な自然の尊さを感じて欲しいものです。
北海道の美しい自然を末永く維持していくために、私たちがすべきことなどを感じ取る必要があると、彼の曲を聞いていて思うことがあります。

「この美しい景色はあたりまえにいつまでもある」と思いがちですが、そうではないということも考えていけたら、彼の曲から得られたものはとても大きいものになると
思います。