ネストル・マルコーニ×三浦一馬『極上のタンゴ』 6/15 ライブレビュー

2016年6月23日

10周年記念ライブで師弟共演!

私が最近行ったライブば、2016年6月15日・13:30開演の三浦一馬デビュー10周年記念 ネストル・マルコーニ×三浦一馬『極上のタンゴ』でした。
sご挨拶SCAN0241
出典kimino555.blogspot.com


やっぱり世界最高峰のバンドネオン奏者の師弟共演は、素晴らしい演奏でした。もちろんバックのメンバーも気心知れた方達との演奏なので、呼吸もバッチリ!しかもこの日は、幸運にも”ツアー最終日&マルコーニさんの誕生日(確か74歳)”と素敵なことばかりで、演奏するタンゴもキレが良くてウットリと聴いてました。
この日の会場は、有楽町朝日ホールでしたから、とっても音が綺麗に響くので最高でした。

三浦一馬さんはいつもなら自身で編曲したガーシュインなどの曲目を演奏しています。ところが今回は、師弟共演とはいえ古典タンゴやモダンタンゴ、師匠の作曲したオリジナル曲といった原点に立ち返った様な曲目でした。
師匠との共演により、さらに演奏に力が入り良い意味での基本をしっかり演奏してきた10年の歴史を垣間見た様な気がします。

さらに、今までの経験から演奏にも余裕が感じられて、とっても演奏する事が楽しそうで観ている私もこの場所に立ち会えた事が嬉しかったです。
滅多に立ち会う事のできない師弟共演という貴重なライブでしたから、次に実現する事があるのかもわかりません。

それでもまた一回り成長した三浦一馬さんの師弟共演を観たいと思います。