R指定 高知x-pt 6/10 ライブレビュー

2016年6月17日

6月10日(金)に高知X‐pt.で開催された、V系バンドR指定の単独公演ツアー二千十六『日本八十八箇所巡礼』に参戦してきました。
main2

実に三年ぶりの高知公演ということでこちらの気合は十分。しかし、開場時間前の入場整理の時間になっても、人の集まりが悪く、「これは大丈夫なのか。すかすかじゃないのか。」などと心配にかられましたが、スタートの時間にはそこそこ箱も埋まり、安心したところで開演。
メンバーの登場で、会場のボルテージも上がり、まずはツアータイトルにもなっている『八十八箇所巡礼』という曲からの幕開け。振りにモッシュに、ヘドバンなどなど、やはりV系バンドのライブは忙しいと思いつつ、ちゃっかり乗って楽しみました。
ただ選曲が主に『Visual is dead』以降のアルバムからが主となっており、『日本沈没』以前のアルバム好きのわたしとしては、少し物足りないセトリだったなと思います。久しぶりの高知だったので、もう少し懐かしい曲をやってくれるかと思っていたばかりに、少し落ち込みました。とはいえ、やはり生でライブを見て、会場のノリに身を任せるというのは良いものだと心底感じました。またツアーで高知を巡ってくることがあれば、参戦したいと思います。