風の果てまで5/15日大阪城ホール。やっぱり最高だった!斎藤和義さん

2016年5月29日

つい先日、私の大好きな斎藤和義さんのライブに行った時の事について書かせていただきます♪
_______2010_3_400x400 (1)
出典twitter.com

2016年5月15日(日)、大阪城ホールにて斎藤和義さんのライブツアー『KAZUYOSHI SAITO LIVE TOUR 2015-2016 風の果てまで』が行われました。
このライブツアーは去年の11月に千葉県の会場を皮切りに6ヶ月に渡る長期の全国ツアーで、私はチケット情報が発信されたと同時に急いで買いに走りました。
ダウンロード
出典otoku.eposcard.co.jp

私は中学生の頃に斎藤和義さんの音楽をラジオで偶然聴き、それ以来、歌詞が激しめのロックだったり、真反対のような優しい音楽だったり、時には変態のような(笑)歌詞だったり、ギター片手に様々な音楽を作り出している彼に完全にハマってしまいました。

当日、会場に着いた時から久々の斎藤和義さんのライブにひどく浮かれ気味だった私は、一緒に行っていた友人に「ずっとにやけてるよ!(笑)」と指摘を受けました。

指定席で2階だったのですが、かなりステージにも近く、ゆったり観れる席でした。
来場されている方は、ほとんど30、40代以降~の方が多く落ち着いたイメージで、ご夫婦で来られている方もすごく多い気がしました。

いざライブが始まり、ギターを持った斎藤和義さんがステージに登場した瞬間やはり大歓声と拍手で、私は久しぶりに同じ空間で斎藤和義さんの生歌、生演奏を聴けて、もう最高潮に幸せでした!
バックに演奏の方がもちろんいますが、それでもギター1本でこれほど大きな場所で大勢の観客を一気に沸かす事が出来るというのは、やっぱり斎藤和義さんは本当にすごいと思うし、本当に終始圧巻されました。
IMG_8325
出典tour.kazuyoshi-saito.com

そのあともしばらく曲を続けたあと、休憩でトークなどもされていました。
トークの時は歌っている時とのギャップが別人なのかと思えるほど物凄く、いつものだらーーーっとした感じで、やっぱり変態な発言もあり(笑)、それも本当に斎藤和義さんの魅力だと改めて思いました。

アンコール含め、3時間ほどでしたがそれ以上に思えるほど充分に楽しませてもらった1日でした!

今回のライブツアーに行けて、改めて、斎藤和義さんは本当に『音楽』というものが大好きなんだろうな、というのがひしひし伝わってきたし、だからこそこんなに大勢の人達を惹き付ける力があるんだろうな、と感じさせられました。

ご興味のある方は、ぜひ、同じ空間で、目の前で、斎藤和義さんのギターの音と音楽に触れてみてほしいです!