プロのミュージシャンが憧れるさかいゆうさんワンマンライブ

2016年6月3日

2015年12月7日に名古屋クアトロで行われたシンガーソングライターさかいゆうさんのライブへ行きました。
in_1502_sakaiyu-photo1_l
出典www.cinra.net


さかいゆうさんといえば、井川遥さん出演の車のCM曲「薔薇とローズ」が話題となり、SMAPや小泉今日子さん、一青窈さん、その他数々のアーティストへの楽曲提供も行っています。ライブは、シングル「ジャスミン」リリースでの全国ツアーでした。
sakaiyu_jasmine_pc
出典popscene.jp

リリースイベントなどで、さかいゆうさんの生歌を聴く機会は何度もありましたが、ワンマンライブへ行くのは初めてでした。
ライブ開始前の客入れ時には、さかいさんが普段聞いているiPodの曲が順に流れており、お客さんは若い女性から年配の男性まで、幅広い年齢層で、オールスタンディングによるライブでした。


ステージ真ん中に置かれたピアノにさかいさんが座り、まるで体全体が楽器のように、伸びやかで力強く美しい歌声で、バンドメンバーと共にグルーヴィーな曲を奏でていきます。

f52d74308398d1
出典www.musicman-net.com

ライブ一曲目は、彼のデビュー曲「ストーリー」から。6年前にラジオで初めて聴き、存在を強く印象付けられた曲を初めて生で聴くことが出来、感激しました。圧倒的な歌唱力と、透き通る歌声、会場全体に響き渡る声量、ぶれのない音程、繊細かつ力強いピアノの音色、一人の人間から奏でられているとは思えない迫力でした。
歌詞やメロディーによって変わる声質にも圧倒されます。優しいユニセックスな声から、野太く荒々しい声まで、様々な歌声で魅了されます。曲の合間には、ピアノを奏でながら幼少期の話や、曲の説明など、歌声とは全く違う話し声でたくさん話してくれました。

最初から最後までパワフルに、しっとりと聴かせるところは聴かせ、弾ける時にはダイナミックにはじけて、勢いあまってピアノを飛び越えたりのけぞったりと、何よりも本人が一番楽しそうで幸せな笑顔を振りまきながら歌っていたので、お客さんも皆幸せそうに、時には感動で涙を浮かべながら聞き惚れていました。

見応え充分、彼の魅力が一番感じられるのは生歌だと思いました。きっと一度見たら、誰もが感心してしまうほどの多才さでした。

ペンネームStone