サカナクション JAPAN JAM BEACH2016 ライブレビュー

2016年5月10日

resize_image (7)
出典ro69.jp

サカナクション JAPAN JAM BEACH2016 日時:2016/5/3
ダウンロード
出典andmore-fes.com

ダウンロード
xn--68j8hmb9cl4a2g4g657zskhhjtllhe9movo64h5w0ax48n.xyz

幕張メッセに近接する砂浜で開催する、JAPAN JAM BEACH2016に行って参りました。今年は最終日に参戦です。
海辺でのフェスということもあり景観・雰囲気はどの大型フェスにも負けません。開催時期も毎年5月なので、野外ですが大変過ごしやすいです。
ステージは全部で3つあり、今年の最終日の最大ステージのトリを飾るのはサカナクションでした。しばらく活動休止していた彼らのライブを観るのは久しぶりだったので、会場入りした朝からテンションはMAXでした。
20:00からのライブの1時間前もからステージ前にお客さんがスタンバイしていました。流石はサカナクションです。
わたしはサカナクションのライブは最前列よりも、ゆったり音を楽しみたい派なので、わりと後ろの方でバドワイザー飲みながら場所をとっていました。お酒と好きな音楽同時に楽しめることこそフェスの醍醐味ではないでしょうか!
いよいよ開演です。お決まりの登場音楽の“INORI”が流れ出すと会場が一気に盛り上がります。すっかり日も沈みサカナクションのステージライトが周りを照らしてなんとも幻想的でした。
最初の曲は“ミュージック”です。初っ端から最高に踊れる曲で飛ばしていきます。“アルクアラウンド”、“伊豆の踊り子”、“ルーキー”と続きます。
有名な曲ばかりだったので、サカナクションをあまり詳しく知らない相方も「この曲知ってる!」と大喜びでした。
終盤は会場一体となって歌って踊る“アイデンティティ”と“新宝島”。今まで参加したライブの中で、この瞬間が一番鳥肌が立ちました!
アンコールに答えてくれラストは“Aoi”です。コーラス部分が綺麗に響き渡りました。サカナクションの魅力はライブの魅せ方です。音と光が融合して他のアーティストではなかなかないようなライブが味わえます。
来年も絶対に参加します。またトリがサカナクションだったら良いな…。