夏だけじゃない!意外と凄いTUBEの実力

2016年6月30日

デビュー31年を迎えたロックバンドTUBEですが、意外と知られていない事実がたくさんあります。今回はその辺にもスポットをあてて書いていきます。意外と知られていない事実が沢山あります。今回はその辺を中心に掘り下げていきます。
news_header_tube_art201506
出典natalie.mu


夏だけじゃない冬にもあるリリース作品


夏だけをピンポイントに狙ってい売れたように見えているTUBEですが、冬の時期にもリリースした作品が沢山あります。夏イコールTUBEと思われるのが本人たちも嫌だったようです。
しかし、夏イコールTUBEで売り出したイメージは31年経過した今でも覆すことは難しいようです。しかし、リリースされた時はさほど世間に響かなかったものの後から聞くと名曲だといえる作品はあることは否定できません。

例えば、リメンバーミーやストーリーズなど今でもカラオケなどで歌われ続けている歌が沢山あります。

51Tlyp+sveL


意外と凄いTUBEが持ってる記録


まずはCD特にアルバムが39作連続でオリコントップ10入りを果たしており、これは特にバンドのの中では未だ破られることのない記録、因みに2位はビーズ毎年アルバムを
丹念にリリースしてきた積み重ねがもたらした記録といえます。

もう一つはライブでの記録昨年2015年で甲子園ライブを終了させたTUBEですが、その会場でギネス記録を樹立しました。記録のタイトルはメキシカンウェーブを続けた最長時間のギネス記録樹立

TUBEは、1990年にライブを開催したマリンスタジアムでも人間ウェーブを実施しており、ちゃんと記録に残した形となりました。


メンバーの実力もすごい


TUBEというと、前田亘輝ばかりが注目されてしまいますが本当はギターの春畑道哉のギターの実力は本当は高いのです。しかし前田の声が世間に浸透しすぎており、ほかのメンバーへ注目が集まらないのです。
ギターの春畑道哉自身今現在までソロアルバムを9枚リリースしており、JリーグのテーマソングJ’sテーマの作曲も手掛けたことはあまり知られてはいません。

また、TUBE以外の作曲も依頼があれば積極的に引き受けていますが、セールスはいまいちです。


今でも新しい夏を求めるTUBE

おおむね夏だけ活動して31年間ミュージシャンとしてやってこれたというのはこれもギネス記録に匹敵するかもしれませんね。今後40年、50年と歴史を積み重ねていく可能性は十分にあります。

まだまだメンバー4人とも体が元気に動きそうなのでライブの数も相当数できそうですね。
今後ライブとどのようなスタンスで向き合っていくのか見ていきたいものですね。また今後は会場を小さくしてライブハウスぐらいの規模でライブを重ねてほしいですね。