λuciferアニメから出たバンドは今もなお活躍している

2016年5月25日

1999年、あるバンドが漫画の世界から現実へと飛び出してきた。
5人組バンド「Aucifer(リュシフェル)」である。
K2ciT
出典p.twipple.jp


元々は、漫画家新條まゆ先生が少女コミックで連載していた「快感フレーズ」という漫画内の主人公たちのストーリーです。
5117C993NGL


女子高生の愛音と人気バンド リュシフェルのバンドのヴォーカルをしている咲也の恋愛ストーリーとなっており、リュシフェルも世界進出して大成功します。内容には性的描写が多数描かれていますが、女子たちに大人気の作品です。
この作品の中で咲也を中心に大人気となったのがリュシフェルです。咲也の声はオクターブの幅が広く透き通ったような声質をしており、女性たちをすぐさま虜にします。
img_0 (7)

メンバーはギターの雪文と敦朗、ベースのTOWA、ドラムのサンタにて構成されています。それぞれが違うバンドにて活躍していましたが、バーにて咲也の美声を聞いた他のメンバーが惚れ込みセッションをしてリュシフェルを結成する事になります。
そしてデビュー曲「堕天使Blue」をリリースします。この曲は咲也のもつ美声をフルに発揮する事ができる作品となり人気ロックバンドの仲間入りを果たしました。次に発表した曲「Cの微熱」ひゃバラード曲でもありますがロックスタイルも取り入れており心に残る曲となっています。またバラード曲の「MIDNIGHT CROW」は大切な女性を失い素直になれなかった男の心情を表している曲でリュシフェルの代表曲とも「なっています。


テレビアニメにても快感フレーズは放送されていましたが、終了するとヴォーカルの咲也はMAKOTOと改名し、漫画のリュシフェルとは全く事なる活動を始めていきます。そしてリリースされた「THUBASA」ではこれまでのリュシフェルとは違う音楽性をファンに見せつけ新たな道を切り開きました。
その後いくつもの作品を排出しファンを魅了させていきますが、2003年に解散してしまいます。しかしこの解散はお互いの音楽を追及する為のものであり、それぞれの方向を見つけ出した2010年に再結成する事が出来ました。お互いが違うバンドで活躍しながらもリュシフェルは勢力的に活動を行っています。
040130_2108~02
出典blog.livedoor.jp

ヴォーカルのMAKOTOは海外でも絶大な人気を誇っており、特にタイの王族にあたる方はリュシフェル全盛期からのファンとなっています。
アニメの世界から飛び出したロックバンドは今もなお多くのファンを魅了させ続けています。