Ⅹ JAPANのYOSHIKIのドラムの凄さとは?破天荒ドラマー

2016年5月19日

e2c7e8ad3d00d42a1bd358252370e6a6
出典laughy.jp

XJAPAN YOSHIKIと聞けばたいていの人が
バンドXJapanのドラマーYOSHIKIと思う人が多いと思います。
ライブの映像を見たひとならわかると思いますが
あの危機迫るドラムソロと無茶苦茶なドラム演奏
ドラムを破壊してしまいそうな叩き方
パフォーマンス。
YOSHIKIは11歳の時ドラムを始めます
海外アーティスト KISSのライブをきっかけに

エリック・シンガー
ead5b41a42d7f8ab97b11c12176a13e9
出典blog.goo.ne.jp

ドラムを始めたそうです。
中学の時には同級生である
TOSHIと初のバンドを組みました
その時YOSHIKIはツーバススタイルだったそうです。
そののちXJapanを結成瞬く間に
伝説になりました。
YOSHIKIのドラマーとしての魅力
同じドラムを叩く人から見ると彼は特別上手いとか
フレーズが多用だとかスピードが速いので上手いというわけでもなく
ロック、メタルといったジャンルからすると
特別速いと訳ではなく上手いわけでもないそうです。
技術的な面からいえば世界レベルで中の上という意見が多いと思います。
なら何故彼にあれだけのドラマーとしての魅力を感じるのか。
それは破壊をモチーフにしたパフォーマンスと
叩き方にあると思います。
ドラムを叩いている時の彼は常軌を逸した鬼気迫る感じで叩き終わったら死ぬじゃないかと感じる程のドラムソロ。
彼のドラムソロのパフォーマンスは人を引き込む。
どこか怪しげな演奏とその中性的な姿に魅了され
見入ってしまう。
タムとバスを多用したドラムソロがおおく
ドコドコとリズムかるに叩く訳でもなく
パッとみ無茶苦茶に叩いているように見えて
実はYOSHIKI自身の思いを表現している
ドラムソロだと思います。
しかし、あれだけドコドコと素早く無茶苦茶に
叩いていても彼の演奏、姿は絵になり
ダイナミックなドラミングが絶賛されたています。
あのパフォーマンス真似ようとしても真似できません
個人的に彼のドラムソロに命がけ、魂を削っての演奏に感じられるため
特別な何かを発している
そんな、ドラマーだと思います。
あれだけ派手にぶったたき体が壊れるんじゃないかと言うほどの勢いと
激しさ誰も真似できません。
普通に叩いていたらその辺のドラマーと同じです。
彼だからこそ音楽 ドラムにたいする思いが演奏
パフォーマンに出てみる人を圧倒し魅了するのでしょう。
ドアラをやっている人ならYOSHIKIのような叩き方は絶対しません
腕や足がぶっ壊れてしましますからね。
人を引き込み魅了するドラマーその叩き方が
体をぶっ壊してもかまわない魂を削るドラミングだからだと思います。