我が青春の吉田拓郎 つま恋ライブを振り返る

2016年6月3日

アーテイスト名:吉田拓郎&かぐや姫
ツアー名:吉田拓郎&かぐや姫コンサートインつま恋2006
tumagoiA5BFA5A4A5C8A5EB
出典pandaful.seesaa.net

公演場所:静岡県掛川市 つま恋多目的広場
公演日時:2006年9月23日

少し前のライブですが私は2006年につま恋にて行われた吉田拓郎&かぐや姫の野外ライブに行きました。
もともとこのつま恋でのライブは1975年に一度行われており、当時を知るオールドファンから自分のようなそのあとの世代のファンが大挙した大変に大掛かりなライブでした。
当日は9月とはいえまだ暑さが厳しくみなかなり軽装でした、私もTシャツに短パンという格好で首にタオルを巻き暑さにやられないように充分に気をつけて参加しました。
会場には35000人の来場があったここともあり熱気がとにかくすごく出店では生ビールが飛ぶように売れていました。
家庭の事情でオープニングには間に合わず残念でしたがそれでも私の大好きな拓郎の歌を満喫することができました。

そして予想はしていたのですが当日のシークレットゲストには驚きました。
なにせ広い会場で遠くからステージを眺めているとイントロとともに歩いて出てきた綺麗な女性、横顔からパーンと正面を向いた瞬間にハッとしました、中島みゆきさんでした。
a0212807_041311
出典yansue.exblog.jp

このツアーのバンマスで拓郎の曲のアレンジも多く手掛ける瀬尾一三さんは中島みゆきさんのアレンジャーとしてもよく知られています。
そもそも若い頃から中島みゆきさんは拓郎の大ファンで楽屋に入り込みサインをもらった過去もあると聞いたことがあります。
そんなただならぬ関係ですからやはり縁があっての参加だったんですかね。
そのみゆきさんが拓郎とセッションした曲が最も印象に残りました、それは『永遠の嘘をついてくれ』です。
この曲はみゆきさんが拓郎のために書き下ろした曲です、なんだか拓郎に対するメッセージソングのような気がしてなりません。つまり一ファンとしていつまでもアーチスト吉田拓郎としての姿を嘘でもいいから見せて欲しいという気持ちがあるのかなと。
拓郎はその後病気のにもなりなかなか大きなツアーはできずにいますがまたいつか自分ももう一度ライブに参加できたらと思っています。私にもいつまでも永遠でいて欲しい存在です。