【SMAP】アラフォーなのに世代を超えて愛される理由!【前人未到】

2016年6月8日

1988年にデビューして国民的アイドルグループの階段を順調にステップアップしてきたSMAPですが、メンバーがアラフォーに突入してもなお人気は変わりません。
世代を超えて愛されているその秘密とは。
SMAP
出典cadot.jp


音楽番組減少がSMAP誕生の契機となった

kimura-takuya-009
出典m-hairstyle.com

ジャニーズ事務所にとって光GENJIや少年隊といったザ・アイドルといった路線から、転換してお茶の間の人気者となったのがSMAPです。
SMAPの場合、デビュー当時音楽番組が少なくなっていたことからバラエティ番組に積極的に出演し、等身大のアイドルとしての姿を見せたことが成功の秘訣だったといわれています。
また、人に恵まれたのもその運を引き寄せました。
デビュー当時、昭和の人気コメディアンである萩本欽一さんと共演するオーディションで、木村拓哉さんを番組に起用することを決めたのも萩本さんです。
木村さんは、萩本さんから好きな料理を問われたさいに、母の作ったおいなりさんと答えて、甘いマスクの少年が意外にもお袋の味を好んだのが好印象だったとテレビ番組で語っています。
その他にもメンバーが若手のうちから芸能界の大物と共演を果たし、SMAP×SMAPをはじめとする看板番組を持つための着実な土台作りをし、愛されるグループ像を確固たるものにしていったのです。


流動的なグループだったSMAPのエピソード

20130409125308
出典everyday-e-news.com

SMAPといえば、デビュー当時はよく中居正広さんが口にする森くんと呼ばれるメンバーが在籍していたことを知らない人も、5人でSMAPというイメージを描いていた人の中にはいるのではないでしょうか。

mori_main
出典autorace.jp

その森くんはレーサーを目指してSMAPがブレイクを果たすと同時に脱退をしてしまいますが、実はこの森くん以外にもSMAPだったメンバーがいるのです。
それはなぜかというとSMAP結成当時のジュニア時代は、グループのメンバーが流動的で何と雑誌の撮影などでメンバーの人数が集まらないと他のジュニアが穴埋めをしていたのです。
当時のSMAPにはTOKIOの国分太一さんも在籍しており、何かのタイミングが異なれば国分さんもSMAPだったかもしれないというエピソードも残しています。


グループ活動も力を入れているSMAP

imgabac7018zik7zj

音楽番組向けのグループではなかったSMAPですが、2003年リリースの世界に一つだけの花で最大セールスを記録し、国内のシングル売り上げのトップに躍り出ました。
また、代表曲というと夜空ノムコウやらいおんハートとバラードが強いのも特徴的です。
また、リーダーである中居さんは紅白歌合戦、草彅剛さんは年末のFNS歌謡祭、稲垣吾郎さんはロボコン世界大会、木村拓哉、香取慎吾さんはバラエティ番組など司会を努める機会も多くグループとしてだけでなくソロ活動も盛んです。
しかし2000年代後半からはソロ活動だけでなくグループとしての活動にもより力を注いでおり、ソフトバンクのコマーシャルやのど自慢などにも揃って出演しています。


アラ還アイドルグループSMAPにも早くも期待がかかる

アイドルグループの概念を逸脱したアラフォーアイドルグループSMAPですが、人気は根強いものがありジャニーズ事務所の変わらぬ看板の一つとして活躍がドラマにコマーシャルとより期待されています。
コマーシャルではメンバーそれぞれ数社を抱えて、人気のバロメーターともいわれるCM業界でも影響力は続いています。
また、デビュー以来連れ添ったマネージャーが一騒動あり事務所を離れたことで、新しいSMAP像がこれから構築されるのではないかと騒がれていますが、SMAPは10 年ごとに一波乱あるとファンの間では別の見方で分析されています。
デビュー30周年も目前のSMAPはアラフィフ、アラ還とまだまだ日本の芸能界の先陣を切っています。