SMAPの中井君を落とすための作戦!

2016年7月11日

モテる相手を絶対落としたいときはひたすらマイペースに振る舞え

o0640064012369264256
出典ameblo.jp

一般人と結婚した芸能人、有名人が、記者会見などで頻繁に口にする言葉に「相手の方は自分を知らなかった」というものがあります。テレビのこちらで見ている者は、本当かな、こんなに有名な人を知らないってあり、と思ってしまいがちですが、会見で答えている方は本気でそう思っているし、それをうれしいと感じているらしいことが、画面の向こうから伝わってきます。

モテる人というのは、普段からあまりに好意、それもかなり熱のこもった好意を受けることが多いので、自分にまったく関心を持たない相手にかえって惹かれてしまうのでしょう。

特に芸能人の方は、テレビで見せる好感度の高い姿を、プライベートでも演じ続けるのは大変なのかもしれませんね。なので、普通の人として向き合ってくれる相手に好印象を持つのでしょう。

というわけなので、中居君ともしデートに行くことができて、落としにかからなければならないというときには、この方法がよいと考えられます。

名づけて「あなたが誰かは知らないけれど、話してみるといい人なのね」作戦です。

初対面では、礼儀を失しない程度の無関心さ、冷静さで臨むのが肝要です。

カラオケに行っても、スマップの歌を歌ってくれとねだるようなことは絶対にしません。自分は自分の好きな歌を歌い、中居君が歌ったら、「私もその歌好き」といった程度の感想にとどめて、歌のうまい下手には言及しないように努めます。歌が下手なのは中居君のタレントとしての売りなので、なるべくそこには触れないようにします。

カラオケ代はもちろん割り勘で支払います。お金を持っているだろう相手として、接するのは間違いだからです。
その後の食事も、そこそこ雰囲気のいい、しかし庶民が入れるレベルのお店で、もちろん割り勘でお支払いをします。

お酒を飲む機会があれば、相談事をもちかけてもよいかもしれません。相談をするということは、相手を信頼しているということです。弱みを見せることは相手に余裕を抱かせることにつながりますので、相手はこちらを「いいやつ」として認識してくれます。

中居君は面倒見がよさそうだから、話はよく聞いてくれそうな気がします。
あとは、連絡先をきくことは、こちらからはしないほうがよさそうです。

ここまでの過程でこちらに興味を持ってくれていたら、先方から尋ねてくれそうです。ここでも冷静さを失ってはいけません。相手に、次も会いたいと思わせることが勝負のかぎです。