友人の付き添いで防弾少年団 初めてのK-POP

2016年3月2日

img_3d06dda09194f66240a1594e62794004524785
出典 ure.pia.co.jp

,初めてのK-POPライブ,”友人の付き添いで防弾少年団のライブに行きました。韓国アーティストのライブに行くのは初めてで、日本アーティストのライブの構成や演出とは、違うのかな?と期待して行きました。ライブは、映像から始まりました。映像の内容は、一人一人メンバーを紹介していくような内容ではなく、なにか物語が始まるようなストーリー性のある映像でした。こんな始まり方もあるんだなっと感心しました。そして、本人達が登場。ドカンと派手にでてくるわけではなく、静かに登場。防弾少年団といえば、ヒップホップなイメージが、あったのでギャップに驚きました。そしてダンスナンバーではない曲を2曲を披露後、ダンスナンバーを続けていき、会場は盛り上がっていきました。曲に合間にトークと映像をいれつつ、座る時間もあるので、足が疲れることなく、飽きずにライブに参加することができました。トークも日本語で通訳さんがでてくることがほとんどありませんでした。最高潮に盛り上がってくると熱気も声援が凄く、とても感動しました。終わり方も、エンドロールの映像が流れて、ひとつのドラマを見届けた。そんな気分になるライブでした。