Ryu Club Live Tour 2015“静かに恋をして” レビュー

2016年7月9日

アーティスト Ryu
2015年2月8日(日)広島Live Juke
時間:開場15:30/開演16:00

image
出典getnews.jp


冬のソナタの主題歌を歌った韓国人シンガーソングライター、Ryu。久しぶりに広島に来てくれました。今回は大規模なコンサートではなく、席数も70名ほどの小さなライブでした。2015年にリリースされた6枚目のアルバム「静かに恋をして」のライブツアーです。編成はピアノ、バイオリン、そしてボーカルという極めてシンプルでアコースティックなものでしたが、それがかえって彼の高い音楽性と、豊かな表現力を引き立たせてくれました。

ところで、Ryuファンにはもうすっかりおなじみなのですが、彼のMCは本当に面白いんです! この日も最初に数曲、切々とバラードを歌った後に何を言うのかと思いきや、「広島のみなさ~ん!おひさしぶりでございます。広島に来たのは・・・?10年ぶりくらいかな?わたしも老けて、オッサンになったでしょ?みなさんもオバサンに?・・・いやいや。(笑)」と、お茶目な笑顔。このギャップがファンにはたまらないわけですね。

中間部にはアルバム収録曲のほかにも、おなじみの何曲かを歌ってくれました。その中にはアップテンポのノリノリなナンバーもあり、私たちにも、ちょっとしたエクササイズの時間?
ライブの終盤には、あの名曲「最初から今まで」「My Memory」も!
フルオケバージョンとはまた趣の違う冬ソナソングもしっとりとしていて、とても素敵でした!

ライブ終了後、他のファンの方々と「出待ち」をしていると、タクシーを待たせてRyuさんがわざわざ私たちのそばまで来てくれました。そして「皆さん。今日はどうもありがとうございました!」と言いながら深々と頭を下げてくれました。
ステージではスーツを着ていたRyuさんは、デニムに黒のダウンジャケットを羽織ったラフな格好に着替えていましたが、あいかわらずスリムで肌もつるつる。(しかも足が長い!)
これで40歳とは驚きです。

「Ryuさん、こちらこそありがとうございました~!また広島に来てくださいね!私たち、待っています!!」手を振りながら声をかけると、彼も「はい!」と微笑んで手を振り返してくれました。