• Top
  • 米津玄師
  • view
米津玄師はもともと、ハチという名前でボーカロイドの作詞作曲をしていた。ニコニコ動画に投稿されたそのハチの曲達は、世界中で人気を集めている。 彼は人と話す事が苦手で、ひきこもりがちだったが、そこから数年後に、米津玄師として、自分で歌うようになった。2016年に発表された「loser」は、「負け犬」という意味で、それは自分を指している。しかし、実際の彼は全く負け犬などではなく負け犬とは程遠い存在。 彼は作詞作曲の他、絵や映像の制作も自分で手掛けているが、そのクオリティは、センスの塊としか言いようがない程素晴らしいもの。loserは歌詞同様に、切なさや人間味が感じられる、米津玄師らしい作品。 彼の才能はそれだけではなく、「loser」のMVを見ればわかるが、ダンスのセンスまで群を抜いている。担当したダンスの講師に「こんなに柔らかい動きをする人を初めて見た」と言わしめた。 そんな、様々な才能を併せ持ってもなお、自分を「loser」だという米津玄師。彼の書く詞に興味が湧くこと間違いなし。 かっこよくて切なくて、繊細で。一度聴いたら誰もが虜になってしまうだろう。