正統派? 異色? いえ、ジャンルは「ぐるたみん」です

2016年7月4日

私が最も好きなニコニコの歌い手は、ぐるたみんです。

d5b59df2
出典jin115.com

正直に申しますと、初めて彼の歌を聴いたときは「何だか甲高くてうるさいな」と思いました。
しかし、その後何度か彼の歌を聴いているうちに、だんだんとその特異な歌声に惹かれていきました。

音楽に関してあまり詳しくない私は、はっきり言って彼の歌が上手なのかそうではないのかの判断は出来ません。
しかし、聴いていて楽しい、テンションが上がる、と言う体験をしている以上、上手下手以前に素晴らしいアーティストだと思います。

基本的には、どちらかと言えばはっちゃけて歌っている彼ですが、たまに真面目に歌っていることもあり、そのギャップも聴いていて面白いです。
一つの歌の中でも声質や音域がガラッと変わったりすることもよくあり、彼の歌を聴きなれてしまうと、申し訳ありませんが普通に歌っている他の歌い手さんの歌が物足りなくなってしまいます。

また、歌詞を変えるようなことはほとんどありませんがアレンジを加えたり、間奏にいろんな「遊び」を入れることがあり、そう言ったノリも非常に聴いていて楽しいです。

特に面白いと思ったのが「千本桜」と言う曲の間奏で日本の元号を新しい順に言っていくところです。
面白いと思って真似しようとしたのですが、これが想像以上に難しく、残念ながら出来ませんでした。

彼の歌はほとんどミュージックプレイヤーに入っており、プレイリストを作ってしょっちゅう聴いているのですが、その中でも特に好きなのが「セツナトリップ」と言う曲です。

もともと「セツナトリップ」自体が好きで、いろんな歌い手さんの「セツナトリップ」を聴いてきましたが、やはりと言うべきか彼の歌う「セツナトリップ」は一味違いました。

随所に独特のアレンジが加わっており、カラオケで歌うときなどはよく真似しています。
また、この歌の特徴だと言える歌詞として、「ギター!」と叫ぶ箇所があるのですが、彼の叫び方は思わず真似したくなります。

初めて聴いたときは何を言っているかわからないほど全力で叫んでおり、同じようにカラオケで全力で叫ぶと非常に気持ち良かったです。

他にも「いろは唄」や「天ノ弱」、「脳漿炸裂ガール」、「六兆年と一夜物語」など、私が個人的に好んでいる歌も歌っており、何度も繰り返して聴くことがあります。

ただ、彼の歌はたくさん聴いているのですが、彼がどのような人物かは全く知りません。
どんな見た目なのか、どんな考えを持っているのかなど、気にならないと言えば嘘になりますが、私は彼の歌が聴ければそれで良いと思っています。

今後もその独特な世界観で、様々な歌を歌って欲しいです。