ゴールデンボンバーの最近の動向

2016年5月11日

94fea1ab
出典tiffoo.com

「女々しくて」で大ブレイクしたビジュアル系エアバンドのゴールデンボンバー。
「女々しくて」が大ヒットしてから連続して3年紅白歌合戦に出場しています。
しかし、歌う曲はいつも「女々しくて」。
それ以降数々の曲を製作・発表していますが、「女々しくて」ほどのヒットにはなっていないのが理由なのか、
「毎年紅白でてるけど、最新曲売れてないのになんで?」
「今年で消えちゃうのかな?」「消えちゃったのかな?」
といった書き込みも見かけました。
 そんな最近の彼らの動向を追いかけ続けている私がご報告いたします。
 「女々しくて」ヒット以降、単独全国ツアーを一年単位で続けています。また、さまざまな方法で次のヒット曲を作りたいと試行錯誤している様子。PVに凝ったり、同じ曲をメンバーそれぞれが歌ったバージョンを発売したり(「死んだ妻に似てる」、ボーカルのキリショー以外のメンバーがボーカルをして、それぞれが入れ替わったバージョンを発売)したり。振り付けをラッキィ池田氏に依頼しこの曲で紅白に出られるくらいのヒットを期待していたようですが、やはり昨年末も「女々しくて」。この選曲についてメンバー自ら「これしかヒットしてませんからね~」「お前もう(ヒット曲をつくるのは)無理なんじゃねぇの?(笑)」というやりとりを自分たちでしていました。
年が明けて、最近発売された新曲「水商売をやめてくれないか」には、通常版とは別に、CDとそのおまけとして3Dカメラとアプリを使ってライブ会場最前列で撮影した楽曲を楽しめる「おまけ」をつけたりしています。製作のスタイルもヒット前から変わらずボーカルのキリショーが一人で製作し、ライブやテレビ出演の時だけ他のメンバーと演奏パフォーマンスをしています。「女々しくて」で注目が集まってから「なんとかヒットさせたくていろいろやってみたけど無理だったからもう好きなようにやる!」と開き直ったようなコメントをしていました。
また、メンバーも特に文句を言うわけでもなく個人のテレビや舞台出演、カフェ経営などをしながら呼ばれれば笑顔でついていくといった相変わらずの様子でした。そして、それはヒット前とヒット後に、周りの対応は変わったけれど彼らはあまり変わっていないのではないかと思います。
フェスやテレビ出演以外では今年も年末までかけて全国を回るツアーを予定しています。ツアーが始まると製作の時間がとれないのか新曲発売はこれまで同様できないとおもわれますし、紅白を意識した曲発表もしないのではないでしょうか。それもこれもインディーズバンドでありつづけることを選んだ数年前から変わっていない彼らのやり方なのだと思います。