瀧川ありさの東名阪ワンマンライブツアー 6/16 レビュー

2016年7月2日

とても熱く、感動的なライブでした。

ついに、大好きな瀧川ありさの東名阪ワンマンライブツアー「Girl meets Wonder」東京公演に行ってきました。
2016年6月16日の平日だったため、なんとか仕事を早めに切り上げ、恵比寿LIQUIDROOMに出掛けました。

in_1507_takigawayatsuhashi-photo4_l
出典www.cinra.net


19時の開演前に到着できホッとしました。
最近注目のシンガーソングライターと言うだけあって、大勢のファンが集まっていました。

自他ともに認める、晴れ女の瀧川ありさですが、この日ばかりは、あいにくの雨模様となってしまいました。
いずれにしても興奮状態で、お天気の事など、どうでも良くなっていたのですが。

ライブがスタートすると、とっても可愛い瀧川ありさが登場し、この日を待ち望んでいただけに、胸が熱くなりました。
最初の曲はヒットシングルの「さよならのゆくえ」で、何度聴いてもやっぱり良い曲だなと思いました。

衣装もカジュアルなのに優雅で、とっても素敵でした。
アンコールでは、9月7日にニューシングル「色褪せない瞳」がリリースされるという事を発表し、さっそく披露してくれました。

力強くて、優しい歌声に、涙するファンも多くいました。
最後の最後には、1曲目の「さよならのゆくえ」を改めて演奏し、爆発的に盛り上がり、拍手の嵐でした。